ログイン

新着ブログ一覧

NEW BLOG

  1. 2009/9/24 (木) 14:07

    バイト 嵐の前の静けさ堪能中 連休明け忙しいの

    なぉ孑
    メール
  2. 2009/9/23 (水) 13:02

    曇り時々晴れ 写真は駅のホームで見た葉っぱのシルエット 今日も元気にバイトいってきます♪

    なぉ孑
    メール
  3. 2009/9/23 (水) 0:34

    待ち時間 カメラのデーター転送中 パソが使えないから 携帯電話 写真は数日前に壊れたパソ、ヤマダ電機に修理に出しに行った帰りに撮った花 パソは修理前にハード生きてたら、ハードからデーター出して、 修理済みパソに入れる予定 そうそう、今日ヤマダ電機から連絡があって、ハード生きてたて、80GB 多い(汗) 見積もり、一番かかってもこのくらいですと言われた金額(笑) 修理前のハードのデーター取り出すだけで、この価格かよ 過去が買えるならやすい と、いうにも、、、ちと、きつい金額 これから、パソ本体の修理の価格もあるのに、、、 がんばらねば

    なぉ孑
    メール
  4. 2009/9/23 (水) 0:16

    おくりびと おくりびと見そこねた (ρ_-)ノ眠い カメラのデーター落として寝るね おやすみなさいzzz

    なぉ孑
    メール
  5. 2009/8/9 (日) 15:46

    バースデー 昨日チェキハトバスツアーに参加 仕事のため、趣味、東京観光を堪能 バースデーなのに バースデーだから バースデーなので(笑) あたしより写真が好きな人が半分以上 この中に居るとあたしってまだまだだなと、思う 写真は一番ではなく、三番目位に良い奴で 一番のお気に入り ハトバスの中撮影した一枚 バスの黄色 オープンカーの赤がかわいい 高速道路に大型バス 遠足みたいな一枚が撮れた

    なぉ孑
    メール
  6. 2009/7/26 (日) 9:35

    外よい天気 お散歩行ってきます

    なぉ孑
    メール
  7. 2009/7/25 (土) 10:16

    いない イタイタイルカさん 画像添付忘れたらしい 本日昼からのイベント出れなくて、マジ残念 本日チャットお休みします かわりに、ガッツリ本業のお仕事頑張ってきます 今日の仕事は夏休み、良い天気、土曜日帰ってきたら、仕事疲れでヘロヘロかも、 夜22時以降チャット出れたら顔出しします 見かけたら捕獲よろしくです☆ヽ(▽⌒*)

    なぉ孑
    メール
  8. 2009/7/24 (金) 3:27

    イルカ 100円ショップでイルカを購入♪

    なぉ孑
    メール
  9. 2009/7/23 (木) 13:51

    青い電車

    なぉ孑
    メール
  10. 2009/7/21 (火) 23:37

    裏から 裏から見るとこんな感じ あきらめてたけど、プレイヤーに入れてみた 聞ける でも、曲目の途中で止まった。。。 またかりてくるか ラブサイケデリコ♪ 中古探すのも有りかも♪

    なぉ孑
    メール
  11. 2009/7/21 (火) 23:31

    寿命か CDが表から剥がれた

    なぉ孑
    メール
  12. 2009/7/16 (木) 11:09

    むしゃむしゃ 四つ葉をたくさん食べた虫は空も飛べるのかな

    なぉ孑
    メール
  13. 2009/7/16 (木) 8:42

    なぉ孑
    メール
  14. 2009/7/15 (水) 12:06

    〓 携帯復活

    なぉ孑
    メール
  15. 2009/6/24 (水) 15:05

    童謡・蛙の鳴き声検証 【童謡の蛙の鳴き声から種類を検証其の②】~蛙の夜廻り篇~ 蛙(かわず)の夜まわり 一、蛙(かわず)の夜まわり ガッコ ガッコ ゲッコ ピョン ピョン ラッパ吹け ラッパ吹け ガッコ ゲッコ ピョン それ吹け もっと吹け ガッコ ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ガ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ゲッコ ゲ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ピョン ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ピョン 二、寝坊の蛙も ガッコ ガッコ ゲッコ ピョン ピョン あわてて 飛び起き ガッコ ゲッコ ピョン ラッパ吹く ラッパ吹く ガッコ ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ガ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ゲッコ ゲ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ピョン ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ピョン 三、朝まで夜通し ガッコ ガッコ ゲッコ ピョン ピョン 寝ないで 夜まわり ガッコ ゲッコ ピョン それ吹け もっと吹け ガッコ ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ガ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ゲッコ ゲ ハ ピョンコ ピョンコ ピョン ガッコ ピョン ゲッコ ピョン ガッコ ゲッコ ピョン 野口雨情作詞 中山晋平作曲 昭和四年 (作成したメロディーを直接録音しているので、聞き取りづらいかも知れません) 野口中山のコンビの作品です。 ~検証~ ガコゲコ鳴く蛙というのは多いので難しい、しかも歌詞を見ても生息地が解らない(田んぼなのか山なのか沼なのか)とりあえず本州に生息する蛙のみを限定して検証しました。 候補の蛙と鳴き声 ①ニホンアマガエル(アマガエル科) 鳴き声→グワッグワッグワッ ②ヌマガエル(アカガエル科) 鳴き声→ゲ、ゲ、ゲ、ゲ ③トウキョウダルマガエル(アカガエル科) 鳴き声→ゲゲゲゲギョギョギョギョ この三体に絞って検証してみました。 この歌を聴くと「かえるのあまがさ」という与田準一さんの絵本を連想させます。「はたけのあめふりぴちぱたぽん」と蛙が葉っぱを持ちながら行列で歩いていく内容で、絵が那須良輔さんという方なのですが、筆絵がいい味を出しています。 そしてこの絵の蛙は大きめで目が突き出ていることからトノサマガエルによく似ていて、アカガエル科の蛙と推測できるので、この歌の主人公の蛙はトノサマガエルによく似たトウキョウダルマガエルではないか?と思いました。 アカガエル系のカエルは跳躍力が凄く、とにかく跳ね回りますから「ピョンコピョンコピョン」の部分もしっくりきます。 そしてこの手のオスの蛙たちはテリトリーを持つので他の雄が自分の縄張りに侵入しないように夜回りをしているのか?と考えてみたけれど、それじゃあなんとなく夢がないな…蛙たちがみんなでラッパを吹きながら夜回りをしてるというイメージなので(勝手なイメージ専攻です)…では同じくアカガエル科で目が突き出てるヌマガエルのほうが有力でしょうか?ヌマガエルはトウキョウダルマガエルよりも小柄で図鑑を見ると鳴き声が「ギュウギュウ」と表現されています。 うーん…それじゃあ違うのか…。私にはゲコゲコと聞こえていたのですが。 そして田んぼの、カエル界のアイドルニホンアマガエル。これを候補にいれたのは単純に可愛いからというのと私的に歌のイメージに合うカエルだからです。そう、ただの贔屓です。 しかしながらアマガエルは葉っぱや枝にくっついてることが多く跳躍力がとくにある訳でもないし、あまりアクティブにジャンプしないから、歌の「ピョンコピョンコ」の部分には合いません。 長くなりましたが、私の勝手なイメージという概念にとらわれずに推測と、一番有力なカエルは「トウキョウダルマガエル」であるという結論になりました。(アバウトな結論ですね) 余談ですがトウキョウダルマガエルは数が減少していることから絶滅が心配されています。絶滅危惧種になるのも時間の問題かもしれません。

    マヤ 
    メール
  16. 2009/6/24 (水) 2:45

    童謡・蛙の鳴き声検証 【童謡の蛙の鳴き声から種類を検証・其の一】 ~蛙の笛篇~ 蛙の笛 一、月夜の 田圃(たんぼ)で コロロコロロ コロロコロコロ 鳴る笛は あれはね あれはね あれは蛙の 銀の笛 ささ 銀の笛 二、あの笛きいてりゃ コロロコロロ コロロコロコロ 眠くなる あれはね あれはね あれは蛙の 子守唄 ささ 子守唄 三、蛙が笛吹きゃ コロロコロロ コロロコロコロ 夜(よ)が更ける ごらんよ ごらんよ ごらんお月さんも 夢みてる ささ 夢みてる 作詞 斎藤信夫 作曲 海沼実 昭和21年 (作成したメロディーを直接録音しているので音割れに注意) ~検証~ コロコロと鳴く様子からカエルの笛の蛙は シュレーゲルアオガエルと推測できます。 シュレーゲルアオガエルは、日本の田んぼのどこにでもいるカエルで日本固有種です。 何故日本しかいないのにシュレーゲルアオガエルというと、オランダ人の「シュレーゲルさん」に由来してつけられたアオガエルだからです。(詳しい由来は長くなるので割愛します) 見た目はアマガエルに似てとても可愛らしいのですが、シュレーゲルアオガエルのほうが若干大きめ、そしてアマガエルには目の下あたりに黒い班紋がありますが、シュレーゲルアオガエルにはありません。 絵本やイラストに出てくるような緑色の普通のカエルなので見分けがつきます。 ところでコロロロロっと鳴く蛙は他にモリアオガエルがいますが、鳴き声の綺麗さと、主な生息地がモリアオガエルは森なのに対してシュレーゲルアオガエルは 水田に生息しているということから、やはり蛙の笛の蛙はシュレーゲルアオガエルであるなと私は勝手に結論をだしています。 シュレーゲルアオガエルが月夜に照らされる田んぼでコロコロと子守唄のような綺麗な笛を奏でている…と田舎の日本の情景を歌う情緒的かつメルヘン的な歌…なんですが、 田んぼにはそれ以上にグワグワと喧しいアマガエルたちがいるので、この歌のような気分は味わえないかも?しれません。

    マヤ 
    メール
  17. 2009/6/23 (火) 2:37

    和風ケーキ 材料 たまご 三個 薄力粉 90グラム 砂糖 70グラム 無塩バター 30グラム 抹茶(あるいは粉末緑茶)10ないし20グラム 小豆缶 1個 植物性ホイップクリーム ①たまごを人肌程度に湯煎しながら砂糖を加え電動ミキサーで攪拌する ②白っぽくなってきたら低速にかえ、リボン状の形に描くことができるまで攪拌する ③ふるいにかけた薄力粉と抹茶を入れて、気泡を潰さないように手早くかき混ぜる ④溶かしたバターを三回にわけていれて混ぜる ⑤170度に余熱したオーブンで25分焼く ⑥焼き上がったら上下の焼き面をきる ⑦植物性クリーム半量を攪拌してホイップクリームを作る。 ⑧小豆の缶詰めをホイップクリームにいれて混ぜる ⑨抹茶大さじ一杯に水大さじ一杯をくわえて混ぜる ⑩残りのクリームを攪拌して⑨を入れる ⑪きりこみをいれたケーキに⑧の小豆クリームを塗って重ねる ⑫表面には⑩の抹茶クリームを全体に渡って塗る ⑬あとは適当にデコレーションして完成です。 見た目は言うこともなく悪いです。絞り口がなかったから代わりに空のマヨネーズ容器を洗って活用しましたが、緑色のためワサビに見えます。しかもなんか色々と失敗してしまいました。 味は…甘過ぎます。買った抹茶は砂糖が入っていたので量が多かったのでしょう。自分でつくっておきながら私は元々甘いものがあまり好きではないし、あんこが好きではないので美味しいとも言い難いケーキです。

    マヤ 
    メール
  18. 2009/6/19 (金) 12:47

    なぉ孑
    メール
  19. 2009/6/18 (木) 22:58

    なぉ孑
    メール
  20. 2009/6/18 (木) 22:21

    合鍵 ちょっと前に作った 豚な鍵

    なぉ孑
    メール
  21. 2009/6/18 (木) 11:39

    なぉ孑
    メール
  22. 2009/6/16 (火) 22:33

    なぉ孑
    メール
  23. 2009/6/15 (月) 6:48

    通勤路

    なぉ孑
    メール
  24. 2009/6/15 (月) 5:47

    たちあおい

    なぉ孑
    メール
  25. 2009/6/14 (日) 22:15

    かぴぱらさん 本日つややか?謎

    なぉ孑
    メール
  26. 2009/6/13 (土) 17:57

    帰り道 雲の切れ間から一瞬太陽が顔をのぞかせて 川を照らした そしてまた雲のなかに帰っていちゃた

    なぉ孑
    メール
  27. 2009/6/13 (土) 17:10

    ハナショウブ 隣の駅までお散歩

    なぉ孑
    メール
  28. 2009/6/8 (月) 16:21

    紫陽花 紫陽花携帯にて撮影 トイカメラみたい(笑)

    なぉ孑
    メール
  29. 2009/6/6 (土) 0:18

    焼き 友達が大好きなんです コピー完了 次に会うときに渡すのだ

    なぉ孑
    メール
  30. 2009/5/27 (水) 14:51

    道中双六 一、上り双六 東海道 五十三次 長道中 ふつたさいころ ころがして 目数かぞへて 急ぎやんせ 急ぎやんせ   二、泊りかさねて 遅れると 連は追ひ越す 先へ行く わけて箱根と大井川 たんと氣をつけ 通りやんせ 通りやんせ   三、さても御無事で 長道中 上がりや西京 花ざかり 花を見ながら ごほうびの お菓子たくさん 食べしやんせ 食べしやんせ 水谷まさる 作詞、 中山晋平作曲 昭和5年 (※直接録音したものなので音割れ注意) これも所謂耳コピで作成した曲です。 作曲は中山晋平なのにマイナー過ぎます。 何故この歌が有名でないのか、 それは「道中双六」というものが現在はなじみがないからではないかと思います。 道中双六というのは江戸時代に流行った双六で、 江戸日本橋をスタートに東海道五十三次を進んで、京都の京橋で上がりになる江戸時代からある絵双六です。 大井川で一回休みになるのが有名なのですが、桑名で蛤を食べ過ぎてしまうからというのが理由で、ユーモアセンスの高い面白い絵双六という訳です。 元々マイナーであることと道中双六そのもの(というか絵双六そのもの?)が昔の遊びというイメージでしかないため童謡にも関わらずこの歌も埋もれてしまい、もはや日の目にでることはないでしょう。 音楽は好きなのですが、時代の流れには逆らえないということでしょうか。

    マヤ 
    メール